no

時給やシフトは?

自分は当時高校生で、時給800円で17時~21時45分まで、週3日ほど入っていました。
大学生や主婦の人は同じ時間で時給850円でした。深夜に入る人は1050円の時給でした。

ローソンでのお仕事の内容は?

お客様がレジに来る合間を縫うようにして商品の陳列や店内の清掃、新聞と雑誌の返本、FF(チキンや肉まんのこと)を作って並べたり、廃棄商品の回収等を行いました。店外のゴミ箱のゴミを回収、そしてそのゴミ箱周辺の清掃という業務もありました。

シフトの終わり際にはレジ精算を行い、過不足のチェックをしました。
レジ業務では商品のバーコード打ちの他に、アマゾンの受け渡しや宅急便の受付、公共料金支払いの受付を行いました。お客様の「コピー機の使い方がわからない」「ATMの使い方がわからない」という質問にも対応しました。

一見多そうに見えますが、1つ1つの仕事は何ら難しいことは無く、覚えてしまえば余裕でこなしていくことが出来ます。最初の1ヶ月あたりは覚えることが多いように思えて中々大変でしたが。

面接はどんな感じ?

店舗に電話をして面接の申し込みを行い、3日後にその店の控室で面接が行われました。

オーナーとの1対1の面接です。

「この店を志望した理由は?」と聞かれ、「この店は家から近いから」「アルバイトといえばコンビニというイメージが自分の中であったから」「部活の先輩がローソン(その店舗とは違うところ)でアルバイトをしていてローソンをおすすめされたから」
という3つの理由を述べました。

「部活は何をしているの?週何日?」と聞かれ「バドミントン部です。月曜日と水曜日と金曜日と日曜日、週4日練習が行われています。」と答えました。

「どれくらいの期間働いてくれるの?」という質問には「少なくとも1年はここで働かせていただきたいと思っています」と答えました。

質問はその3つだけで、自分はそれに普通に答え、面接は5分程度で終了しました。その店は人員不足だったようで、自分はその場で合格が決定し、その場で基本の挨拶の練習をさせられました。

こんな所がキツイ?楽?体験談を教えて下さい!

ここがキツイ!大変だった事は?

仕事に慣れてくると、退屈でした。
コンビニのアルバイトに限った話ではないのかもしれませんが、立ちっぱなしで決められた簡単な仕事を淡々とこなし続けるというのは個人的に大変でした。また、理不尽なクレーマー(常連)が定期的に来るため、その人の対応はきつかったです。

夕方あたり(特に18時くらい)は仕事終わりの人や学校終わりの人がたくさん来店するため、忙しい時間帯でした。人間関係に不満がなければ、コンビニのアルバイトで大変なのは、立ちっぱなしであるということと退屈であるということの2点だけだと思います。

ここは楽!楽しかったという事は?

全体的に楽です。
1度覚えてしまえば難しい仕事も無く、混乱することもほぼありませんでした。細かい手順を追っていく業務というのもないので、落ち着いて覚えれば1ヶ月~2ヶ月ほどで仕事に慣れることが出来ます。特別強い筋力を要求される場面もありません。

19時あたりからは客足も少しづつ減るため時間に余裕ができ、その時間はいつも同じ時間に入っている人とのおしゃべりタイムでした。年の近い人と一緒に入れると、とても楽しかったです。

コンビニの店内は狭く、同僚と顔を合わせる機会が多いので、一緒の時間に働く人との気が合えば楽しいアルバイトになると思います。

スポンサーリンク