no

ドトールでバイトするキッカケは?

アルバイトするなら飲食店がいいと思っていたことと、コーヒーの香りに包まれて仕事がしたいなぁと思ったのがきっかけで、近所のコーヒーチェーンでのアルバイトを探しました。表参道のドトールで、自分も良く利用していたので親しみがありました。

時給やシフトは?

時給は850円からスタートしました。早朝や夜9時以降は50円ほど高かった記憶があります。仕事を覚えていくとともに、また、アルバイトをしたトータル時間により、時給が20円ずつ上がっていきました。

シフトはだいたい朝番、昼番、夕方からクローズまでという三パターンで、4時間から可能でした。

面接や志望動機はどんな感じ?

志望動機は、カフェでアルバイトしてみたかったからと、部活をしていたので、シフトが比較的自由に入れられる飲食店だったことも選択理由でした。面接では、週にどのくらい入れるか、朝番や遅番にも入れるか、家から通いやすいか、飲食店でのアルバイト経験などを聞かれました。

ドトールでの仕事内容は?

仕事は主に、レジ、フード、洗浄の3つで、最初は食器洗いが主な洗浄から始まり、店の様子がわかってきたら、レジの補助をさせてもらい、その後、フードを覚えたりしてゆきます。

週3日5時間入って、だいたい1ヶ月半くらいで、3つのパートを覚えました。
豆の販売や、お花の注文、レジ閉めや清掃など、店全体のことも教わりながらやっていきます。表参道には3つドトールがあるので、他の店の人員が足りない時には、ヘルプといって、他店でお仕事する事もあります。

んな所がキツイ?楽?体験談を教えて下さい!

とにかく毎日、コーヒーの香りに包まれて仕事が出来ることがうれしくて。また、バイト仲間も元気いっぱい体育会系のように、とても楽しい人ばかりで、いい交友関係が築けました。接客業が好きだったので、毎日たくさんのお客様に出来たてのコーヒーを提供できるのも楽しかったです。朝は店の外にまで行列ができる店だったので、とても忙しかったですが、テンポよく対応して、仕事をいかに効率よくまわすかみんなで考えました。

仕事も段階を追って覚えられて、シフトも無理なく入れられたので、ドトールでのアルバイト生活は充実していました。一度覚えれば毎日ルーティンワークなので、その点は、飲食店の中でもやりやすいのではないでしょうか。あと、制服も可愛い。

立ち仕事なので、やはり足はぱんぱんになりますね。あとは、いつも決まっていらっしゃるお客様のオーダーは覚えておいて、お客様からオーダーを受ける前に作ったりするので、その辺りの臨機応変さや、サービス精神は必要です。

こんな人に向いている!などアドバイスを。

カフェバイトは、接客業が好きな人、コーヒー好きな人、適度に動き回りたい人、朝が強い人、手先が器用な人(フード作りはスピード勝負なので)、そんな人に向いているかもしれまん。

スポンサーリンク